第126回吉縁会  6月16日 参加者専用ページ



以下内容は、当選した方向けの情報です。
当落の結果は配信メールに従い、ログインしお確かめ下さい。


当選した会場、地域に間違いありませんか?
ご確認ください。


このページは静岡西での開催のご案内です。


ご注意!!
「規約に同意して参加する」ボタンを押しましたか?
当選した方は、ログイン後の抽選結果発表画面の「規約に同意して参加する」のボタンを押す必要があります。
押していない方は、参加をお断りする場合もございます。
ボタンを押していない方は、
抽選画面の規約と、参加規約の内容をよく読み
http://www.kitien.com/web.html
よりログインし、ボタンを押してください。
参加規約こちらから読むこと
ができます。


このページの目次

●御挨拶・注意点
●開催概要
●製作物の作り方(申請カード・プロフィールカード・申請封筒)

非常に内容が多いページですが、最後まで必ずお読みください





第126回吉縁会参加者さまへ

この度は、第126回吉縁会へのご参加ありがとうございます。
皆様にとって良いご縁を結ぶきっかけとなれば幸いです。

当選した方は、以下内容を熟読し、用意するものをしっかり準備し当日をお迎えください。

準備物を作らないと参加しても意味がありません!
よく読み準備してください。
 
 お問い合わせの前に!!
以下をよく読まずにお問い合わせをしてくる方が多くあり困っております。一度よくお読みになってください。

ご希望の年代と違う方、ご友人と一緒でない方もあるかもしれませんが、年齢バランスなどを考慮し、参加者の平均年齢で分けた結果ですので、ご理解頂ければ幸いです。

キャンセルは原則ご遠慮ください。一週間前よりキャンセル料を頂戴いたします。キャンセルの場合、参加履歴には参加と残りますので次回以降の抽選で不利となる点だけはご理解下さい。
 キャンセルのご連絡はキャンセル申請フォームよりお願いします。

参加する日時や会場などの変更はお受けできません。変更はできませんので当選した部に出れない場合はキャンセルとなります。
メディアの取材を受ける場合もありますが、参加者の個人情報の保護が確約される場合に限りますのでご安心ください。

 

 

 

吉縁会本部よりお願い

以下の電話番号を携帯の電話帳にご登録ください

吉縁会本部お問い合わせ番号 

053-415-8656 (お問い合わせはこちらに)

吉縁会事務局員携帯番号 

080-8262-3801

070-4324-9364 

070-4317-4346

4番号を必ず携帯の電話帳に登録して下さい。

 

参加者にキャンセルが出た際に、落選した方にお電話で入れ替えのお伺いをしますが、知らない番号からの電話を出ない方が多くいらっしゃいます。

チャンスを逃すことにもなるので、登録ください。

また、登録不備などの際もお電話する場合があります。

参加者には最終確認にも利用いたします。

 

 

 

 

 

第126回吉縁会 開催概要 

『坐禅体験(龍雲寺会場は数珠作り)で縁結び』


お寺で心を見つめる縁結び
男女の縁以外にも、良い生き方との縁結びを!

様々な体験で
楽しみながら縁結びをしていただきたいと思います。

男女の縁結びがなれば一番ですが、これを機会に良い生き方との縁結びも行っていただければと存じます。

相手の品定めばかりをする婚活でなく、自分の心を見つめ、相手の良さを見つけるような会となれば幸いです。




開催日
第126回吉縁会 令和元年6月16日(日) 午後のみ
 
※当選した部・会場をしっかりとご確認ください
会場・日時の変更はお受けできません。
会場ごとで年代などを分けております。また、会場が選べると近所の方ばかりが集まり、お知り合いだらけになる可能性もあり会場選択は出来ないようにしております。



会場

 

● 龍谷寺会場
湖西市新居町新居1382  053-594-0184

地図を開く  

■車  駐車場有

■電車 新居町駅より 徒歩 15分

※新居町駅から江戸の街並みを観ながら、ご来山頂くのがおすすめです。

 

 

 

● 地蔵院
浜松市南区高塚町4516 080-8262-3801 (安藤)

地図を開く  

■電車 高塚駅より 徒歩3分

■バス 遠鉄バス 浜松バスターミナルより 高塚東下車 徒歩2分
■車 駐車場に限りがあるため、近くのコインパーキングにお停め頂くか、高塚駅より徒歩3分ですので公共交通機関をご利用ください。



● 龍雲寺会場
浜松市西区入野町4702-14  053-447-1231

地図を開く  佐鳴湖南 喫茶飛行場となり

■車  駐車場80台ほどあり(ただし檀家用もある為、臨時駐車場を極力ご利用ください)

■バス 浜松駅5番のりば 20番宇布見山崎行 18分乗車 『矢田坂』下車 徒歩2分

  ※他の路線からも「矢田坂」には乗り入れしています。詳細は遠鉄バスへお尋ねください。 

http://www.ryouun.com  龍雲寺HP


【龍雲寺へお車ご利用予定の方へ】
駐車場が満車になる可能性があります。自己責任で佐鳴湖公園土手などに停める方法もありますが、極力、公共交通機関のご利用にご協力ください。


■龍雲寺臨時駐車場のご案内
イオン浜松西店(徒歩5分)のご厚意で駐車できるようになりました。
お寺の駐車場には限りがあるので、最初からイオンに停めて来られる事をおススメいたします。






会費
3,000円 (体験費用、飲物、保険、事務運営費含む) 

会費は当日受付にてお渡しください。
お釣りのないようにご協力ください。

※原則実費(運営・当日経費)のみをいただいておりますが、余剰金が出た場合、
 全額または一部を 『東日本大震災見舞金』 『世界の子供にワクチンを日本委員会』 などに寄付いたします。
 収益を目指していない為、会によっては赤字となり、寄付が行えない場合もあります。



定員
第126回吉縁会
男80女80名 計160名


持ち物
■申請カード
■プロフィールカード
■申請封筒
 ※上記3つは下記参照の事

免許証・パスポートなど顔写真付き身分証明書 (ない場合は保険証などでも可)。受付で本人確認いたします
■筆記用具(ボールペンなど)

席を移動する時間もあります。大きなお荷物でのお越しは極力ご遠慮ください。
忘れ物をするだけで、非常に印象が悪くなります。ご注意ください。



集合時間

■龍谷寺会場、地蔵院会場 14:00
14:00~14:20に受付を済ませて下さい

■龍雲寺会場 13:30
13:30~13:50に受付を済ませて下さい




時間厳守
でお願いいたします
お時間に余裕をもってお越し下さい。



【会途中で早退希望の方へ】

用事などが入り、早退を希望する場合は、事前に事務局までお知らせください。
なお、申請時間開始10分後以降の早退は対応できますが、
それ以前での早退の場合、参加いただいても無意味な会となります。
申請もできませんし、申請も受けられません。
異性にとっても無駄な時間となります。
その場合は、代わりの方に参加いただく方がよいと思いますので、早めの早退の場合は、
キャンセルをお願いいたします。
その場合のキャンセルも規約通りとなります。
早退を隠し、無理やり参加するのはおやめください。




集合場所 

本堂前など境内に受付がでます。
会場を間違えないようにご注意ください。



当日の緊急連絡
当日、緊急の連絡(場所が分からないorキャンセルや遅刻)がある場合は、
下記までお電話ください。

龍雲寺会場 053-415-8656 (吉縁会本部)
龍谷寺会場 053-594-0184
地蔵院会場 080-8262-3801 (安藤)

電話が、繋がらない場合は、
キャンセル申告フォームからお願いします。



服装について
お問い合わせが多いため掲載いたします。
スーツなどでも構いませんが、お見合いではない為、キレイ目な格好で十分です。
ただし、男性であまりそぐわない格好の方も多く見られます。私服に自信があまりない方はスーツを着てくる方がいいかもしれません。
ご自由にしてください。
お経などの際、短い時間正座いたしますが、談話時間は椅子席となります。
仏教体験や、グループ談話は畳に直接座ります。(正座じゃなくて大丈夫です)
坐禅体験は椅子坐禅となりますので、胡坐のような形にはなりませんのでご安心ください。
服装の参考にしてください。





キャンセルについて
原則キャンセルはしないようにお願いします。
どうしてもキャンセルしないといけない場合、1週間前にはご連絡ください。それ以降の場合、代わりの方が見つかるかわかりませんので、参加費(参加費同額)を頂戴いたします。
キャンセルの場合でも参加履歴は参加した事となり、次回以降の抽選の際に影響します事、ご理解ください。
キャンセルのご連絡はメールフォームから、お願いいたします。(必ず理由なども明記して下さい)



当日の予定

吉縁会では、報道を通じ、吉縁会としてでなくとも多くのお寺がこの活動をはじめ、より多くの方に費用をかけず安心した出会いを提供したいと願っております。
その上で、参加者に過度な負担を与えない、ふざけた内容でない、プライバシーを守る、会の趣旨に理解し間違って報道しない
を条件に取材をお受けする場合がございます。
ただその場合でも、当日許可をいただいた方以外は、一切個人が特定されるような撮影などはありませんので、ご安心ください。
ご理解ご協力いただければ幸いです。
取材が入る場合は事前にお知らせがあります。


 

 

当日までにご用意いただくもの(必須)

申請カード

プロフィールカード

申請封筒

 

必ずお作りください。当日をよい時間にするためにも丁寧に作業しましょう。

ご用意がないと参加できません

 

【参加者番号について重要なお知らせ】

前より参加者番号を開催日前に知りたいとのご要望は多くありましたが、体制が整わず当日の受付でお知らせし、開式前にご準備いただいた物に番号を記載してもらっておりましたが、システムを改修し、事前にログイン後のマイページで公開できることになりました。

各自にメールで送る方法もありますが、間違いの可能性や、事務作業が非常に増えるので、ログインしてのお確かめとなります。

なお、番号の確定と公開は、キャンセル入れ替えの落ち着いた開催日2日前程度となります。

当選の方は、開催日の2日前程度に再度ログインしてご自分の番号をお確かめの上、

以下の準備物に番号を記載した状態で当日お越しください。

 

人柄を示します。丁寧に。

手作りで、丁寧に作る事で人柄がよくわかります。

忘れたり、いい加減に作ったりするだけで悪いところが伝わります。

当日、お話しする時間が短くても、この様なところで素の自分が伝わります。

忙しくとも、時間を作り丁寧にお作りください。

 


【ご注意】
番号以外のアルファベット(午前A・午後Bなど)は、発表時から当日までの間に変更がある場合がありますので、各種準備物に記載するのは番号のみにしてください。
午前A・B班などの記載は不要です。

 

 

 

 

 

 

 

申請カードについて (必ずお作りください)

必ず当日までに、ご自分でご用意ください。無いと申請ができません。

メールアドレス(必須)とともにLINEのIDの併記が許可されました。
あくまで併記で希望者となります。詳細は下記

当日の申請方法
1 談話時間終了後、男女別に別れます。
2 ご準備頂いた申請カードをメールアドレスを教えても良い相手の番号が書かれた封筒に入れてもらいます。
3 事務局で確認後、お帰りの際に名札と引き換えに、ご自分の番号の封筒をお渡しします。
※後でのトラブル防止の為、当日、自分の連絡先を渡した相手をメモしておくことをおすすめします。

吉縁会の申請方法の特徴
吉縁会では、その場で両想いとなった場合のみの連絡先交換ではなく、ご自分の連絡先を教えたい相手には必ず教える事が出来る形となっております。
ですので、意中のお相手より申請がなくても、連絡先は届いておりますので、返信があるかもしれません。
この様にしてお付き合いに発展されている方は多くいらっしゃいますので、申請カードの枚数はある程度は必要となります。
 
申請カードの枚数
龍谷寺会場と地蔵院会場では
男性は20名の異性と談話
女性は20名の異性と談話
ですので、申請は最大、男性は20名、女性は20名の異性に申請可能

申請数は個人ごと・異性の数で違いますが、
5~10枚程度はご用意される事をおすすめします。
カードの枚数が少なければ当日困りますので、多めにご用意下さい。

龍雲寺会場では
男性は20名の異性と談話
女性は20名の異性と談話
他グループとのフリータイムでの交流も含めると

男性は最大40名、女性は最大40名の異性と交流可能

ですので、申請は最大、男性は40名、女性は40名の異性に申請可能

申請数は個人ごと・異性の数で違いますが、10~15枚程度はご用意される事をおすすめします。
カードの枚数が少なければ当日困りますので、多めにご用意下さい。



申請カード書式
●サイズは、名刺サイズでお願いします。
●連絡先は、
メールアドレスLINEのID以外は記入しないでください
●LINEのIDはあくまで希望者ですので、必ずメールアドレスを記載し、LINEを希望の方はIDを併記してください。
●LINEのIDを記載される方は、IDで検索してもらえるようにLINEを設定しておいて下さい。
参加者番号は開催日数日前に発表されますので、ログインしてお確かめください。
手書き、パソコンどちらでも構いませんが、メールアドレスなどは、どなたが見てもわかる様に丁寧に記入ください。
個人情報保護の為、通常お使いの名刺で代用する事はおやめ下さい。

申請カードに顔写真を添付すること可。(おすすめ)
申請をもらっても相手の顔を思い出せない、ということがよくあります。その意味では顔写真つきの方が良いかもしれません。
なるべくは写真をつけましょう。

※プライバシーの問題もありますので写真添付は自由といたします。
 過度に心配し過ぎるのも機会を減らすことに繋がります。ご検討ください。

作成例

簡単なメッセージなどを書くといいと思います
連絡先はメールアドレスは必須
LINEのIDの併記可能
QRコード記載可(詳細下部)
顔写真添付はおすすめですが、自由
相手が読めるように丁寧に

注意点
メールアドレスの書き間違いに注意してください。
0 (ゼロ)と o (オー)や、1 (イチ)と i (アイ)などわかりにくい場合は、説明を入れてあげると丁寧です。

注意点2
携帯のメールアドレスを記載する場合、パソコンメールからの受信を拒否しているメールアドレスですと、申請しても相手が返事が送れない場合があります。

メール、特に携帯メールだけだと不安定なので、

PCメールと2つ載せる

ラインのIDも追記する

をお勧めします。


迷惑メール対策をしているアドレスの場合は、パソコンメールでの申請をお勧めいたします。
またLINEのIDを記載する方法もあります。(相手がLINEやっていないとダメです)
申請相手がもらったメアドにメール送っても届かない、という意見が毎回相当あります。パソコンメールでの受信できるメールアドレスでの申請をお願いします。

注意点3
携帯とパソコンなどの迷惑メールの設定を確認しましょう。
初期設定では、登録されていないメールアドレスなどは迷惑メールと扱われることがあります。


■LINEについて
LINEIDの併記は自己責任でお願いします。
ブロックもあるので問題ありませんが、電話もできるため自己責任でご判断ください。
なお、ID検索を許可する設定に変えないと無意味になります。
LINEのほうがより密度の濃いやり取りが可能で、進展につながります。
是非記載するようにしましょう。

■QRコードについて
メールアドレスの記載ミスや、相手側の入力ミスにより、連絡が取れないケースが増えています。
そこで、QRコードを作成し、添付を認めることにいたします。
LINEIDも、QRコードからのほうがスムーズなケースもあるようです。
QRコードの作り方は、無料作成サイト
https://www.cman.jp/QRcode/
http://qr.eigyo.co.jp/
http://qr.quel.jp/try.php
をご参照ください。
なお、QRコード内に、違反の内容(住所・電話番号)などは埋め込まないでください。





プロフィールカードについて (必ずお作りください)

用意すると断然談話時間が有効にお使いいただけます。
多くの方とお話しするため、
プロフィールカードは非常に大事となります。

談話時間だけですと自己紹介程度で終わりがちですので、時間を有効に使っていただきながら、話のタネにもなればと思い、
ご希望の方は談話相手に御用意されたプロフィールカード(内容自由・連絡先等は明記不可)をお渡しする事を認める事になりました。

龍谷寺会場と地蔵院会場では
男性は20名の異性と談話
女性は20名の異性と談話
ですので、
異性の人数分の20枚ご用意お願いします。

龍雲寺会場では
男性は20名の異性と談話
女性は20名の異性と談話
他グループとのフリータイムでの交流も含めると

男性は最大40名、女性は最大40名の異性と交流可能

ですので、
異性の人数分の40枚ご用意お願いします。



全員に配っても問題ないものにして談話時間では全員に配るようにしてください。

過度に個人情報を気にすると、なかなか難しいものとなります。
問題にならない内容にして作れば基本的には大きな問題はないと思います。
枚数が多いですが
一枚作って、コピーすればいいと思います。

どうしても配りたくない相手がいる場合は、配る必要はありません。あくまで原則となります。
個人の裁量で行ってください。



注意点
以下の注意点をお読み頂き、有効に談話時間をお過ごしいただく為にも、ご用意いただければと存じます。
●必ず製作してください。
連絡先(住所・電話・メールアドレス・LINE)等は記入しないでください。
●顔写真等、写真の添付は自由です。おすすめ
 相手に思い出してもらう為には、顔写真がある方が有効だと思います。
●用紙サイズに規定はありませんが、B5~A4サイズ程度にとどめてください。
●基本的には、異性全員に配ってもらいますが、どうしても渡したくない相手に渡さないのは自由です。
●上記事項をお守り頂ければ内容は自由となりますが、相手に不快な思いをさせるような内容、虚偽の内容などはおやめ下さい。
参加者番号は開催日数日前に発表されますので、ログインしてお確かめください。

アドバイス
●特に女性で相手に渡すのをためらう方が多いのですが、後で皆さん後悔されます。相手に渡してもよい内容で作って渡す事をおすすめします。
●過去の例からすると、その時だけ見せるものよりは、簡単なものでも相手に配るものの方が良いと思います。なお、相手に覚えてもらう為にも顔写真つきだと、なお丁寧です。

たとえば、あまり覚えていない方より申請を受けたとしても、家に帰ってから、
顔が思い出せないと返事をするのをためらってしまいます。
顔写真つきのプロフィールカードを渡しておけば、
相手が家に帰った後で振り返って思い出してもらえます。

ただ、顔写真は抵抗があるという場合は、内容などで覚えてもらう努力をしましょう。



プロフィールカード見本【レイアウト】


見本【レイアウト】をご利用いただけます。
見本ですので各自で編集してお使いください。

ダウンロードしてお使いください。
パソコンで製作しても構いませんし、一枚作ってコピーしてもよいと思います。


PDF形式     ワード形式

↑のお好きな形式を、右クリック、名前を付けて保存

上記形式でないと利用できないわけではありません。
ダウンロードが出来ない方や、別のものを作りたい方はご自由に製作してください。





申請封筒について (必ずお作り下さい)

一日に非常に多くの方とお話しするため、
最後に申請相手を決めるときに

番号と名前が一致しない。
良かった相手の顔や名前を思い出せない。
自分の顔と番号を思い出してもらえない。

等の御意見が多く寄せられます。

プロフィールカードも有効ですが、
申請封筒をご用意いただくことにより、以上の事などをなくせれればと思います。

また、お話ししない他の班の方から申請を受けるためにも以下の封筒が必要になります。


この封筒は、
申請時のみ異性の目にふれますが、その後は手元に戻ってきます。
ご安心ください。


申請封筒作成方法
①、名刺サイズの申請用紙が楽に入る適度な大きさ(長形3号程度)の封筒にしてください。色自由。
②、
顔写真を貼ってください。必須(必ず最後は自分の所に戻ってくるものですのでご安心ください)
③、参加者番号は開催日数日前に発表されますので、ログインしてお確かめください。
④、お名前・年齢を書いてください。
⑤、異性は最後にこの封筒を見ながら申請をします。メッセージなどを添えると良いと思います。

申請封筒は一枚お作りいただければ結構です。
※封筒は閉じないで下さい。

【封筒の大きさ】
※小さい封筒は使いづらい為、長形3号のものにしましょう。大きすぎると困ります。
※会場によっては申請封筒にプロフィールカードを折って入れる事もあります。小さい封筒では入りません。
長形3号程度
A4サイズの紙が折って入るサイズ



作成例
参加者番号は開催日数日前に発表されますので、ログインしてお確かめください。